岡山県笠岡市の方言(岡山弁)は?

笠岡の文化
この記事は約4分で読めます。

笠岡市の特色は前記事でまとめてみました。それでは、笠岡市の方言はどんな感じなのでしょう?一般的に岡山の方言は汚くてちょっと怖いというイメージがあるそうです。確かにそうかもなあと納得する部分はあります。私も大学は九州地方でしたし、仕事等で関西方面に行くことも多いですから、大阪はパワフルとしても京都などの言葉とは決定的に違いがあります。岡山県の中でも西の端の笠岡は備後弁といってもいいかもしれませんが、微妙に違うんですね。

笠岡市の方言は?

笠岡市は岡山県の西の端にあるため、文化、経済は福山の影響を受けています。方言は似ているようでちょっと違います。

やや方言はきついかも

岡山市、倉敷と比べると方言は少しきつめかもしれません。男性の喋り方は、お笑い芸人の「千鳥」の大悟さんのような感じと思ってください。ノブさんは井原市の出身なので微妙に違いがあるんです。

岡山市、倉敷の岡山弁はきついとされる岡山弁の中でもやや柔らかめですが、笠岡の方言はわりとストレートで、語調がよりきつめです。初めて笠岡のナチュラルな方言を聞くと、ちょっと引き気味になるかもしれません。

びっくりする笠岡の方言

例えば「はやくしてね」という意味の文を笠岡(岡山)の方言でいうとこんな風に言うんです。

「はやくしねー」

驚くでしょう?

これを初めて聞くと「ええっ!」となるんです。それはそうです、いきなり「はやくしねー」と言われたらだれでも驚きます。

「して」=「しねー」という方程式なんです。

でも安心してください、笠岡の人は基本的に優しいですから。話し言葉にちょっとクセがあるだけです。

あとはこんなのありますよ。

「そこの戸をしめておいてね」というのはこうなります。

「そこの戸をたっといてえ」

初めてこれを聞いた人は、戸を閉めずに戸の前に立とうとします。

「しめる」=「たつ」なんです。

でも、この方言は若い子はほとんど知らないんです。今では少し珍しい方言になりつつあるのかもしれません。

これも若い世代は使わないのですが、「大根を炊いておいて」というのは、これでオッケーです。

「でーこー、てーてーてー」

文字に直してみると、なんだかちょっとおもしろいですね。

あと「〇〇ですー」と「です」の「す」をちょっと伸ばす人が多いです。この部分、笠岡市民は気づいていない人が多いんですー。

ちょっと専門的に岡山弁を解説

岡山弁は山陽方言の範囲の南東端で広島県東部の備後弁と共に「東山陽方言」に属するそうです。岡山弁のアクセントはなんと東京式アクセント!共通語に近いそうです。

断定の助動詞は「じゃ」が主です。語尾に「じゃ」や「じゃー」がつきます。理由の接続助詞に「けえ」「けん」がよく使われます。連母音の融合?が盛んなんですって。

連母音の融合って何?となりますよね。このようなものだそうです。

連母音融合
母音(a, i, u, e, o)が連続する部分を連母音という。岡山弁では連母音が現れると、その部分が融合し母音の長音に変化する場合がある。以下は岡山市における連母音融合の主なパターン。
[ai] [ae] → [æː] [jæː] [eː]
長い(nagai) →  ナゲー(nageː) 
瀬戸内海(setonaikai) → セトネーケー(setoneːkeː)
前へ(maee) → メーへ(meːe)
考える(kangaeru) → カンゲール(kangeːru) …. etc
[æː]はアとエの中間音の長音で、高齢層で聞かれる。[æː]は備前・備中に広く存在する発音で、美作には元来無かったが現在はこの発音がある。岡山市などの若年層では[eː]になる。
[oi] [oe] → [eː]
青い(aoi) → アエー(aeː)
数える(kazoeru) → カゼール(kazeːru)
覚える(oboeru) → オベール(obeːru) …. etc
[ui] → [iː]
暑い(atsui) → アチー(achiː)
スイカ(suika) → シーカ(shiːka)
縫い物(nuimono) → ニーモン(niːmon) …. etc

Wikipedia-岡山弁-

そうそうこんな感じです。この理論がわかれば岡山弁は攻略できますよ。とりあえず喋り方はきついかもしれませんが、人はあったかなので引かないでくださいね。

※宝島社の「田舎暮らしの本」2018年2月号の中に記事「2018年版住みたい田舎ベストランキング」で,人口10万人未満の自治体565の中、なんと笠岡市が総合部門で中国・四国エリア第1位、そして全国で12位を獲得しました。

ぜひ、笠岡においでください。

BINGOテクテク 編集長 ニシヤマ@BinGoTkTk(@2480_G)

関連リンク

Wikipedia-岡山弁-

田舎暮らしの本│宝島社の雑誌
人生がもっと豊かになる!宝島社が発行する「田舎暮らしの本」(毎月3日発売)の公式サイト。全国各地の物件やお仕事情報、移住者レポートなど、田舎暮らしに必要なハウツーを紹介する”日本で唯一”の田舎暮らしの月刊情報誌です。
BINGOテクテクの管理人
ニシヤマ@BinGoTkTk

備後都市圏ローカルWEBマガジン「BINGOテクテク」管理人
1965年生まれ。岡山県笠岡市在住。フリーランス歴22年です。

ニシヤマ@BinGoTkTkをフォローする