備後都市圏の1つ「岡山県笠岡市」ってどんなところ?

笠岡市
この記事は約3分で読めます。

岡山県笠岡市はどのような町なのでしょう。近頃はお笑い芸人の「千鳥」の大悟さんが笠岡市北木島町出身ということで、テレビでも何回も「笠岡市」の北木島の様子は放送されています。

その御蔭で、「笠岡市」という地名は以前よりは認知度が高くなっているのではないかと思います。

「岡山県笠岡市」ってどんなところなのでしょうか?

笠岡市の統計データをみてみましょう

笠岡市の大きさ、そして人口などのデータをみてみましょう。

笠岡市の面積と人口

笠岡市の29年度統計データによると、面積は以下のようになっています。

面積 136.39km²
東西 13.6km 南北 33.6km
市役所の位置
東経 133°30′36′′ 北緯 34°30′14′′

南北に33.6kmというのは笠岡諸島を含んでの距離なので30kmをこえているんですね。

人口は2018年6月のデータではこのようになっています。

2018年6月1日現在
世帯数22,352
男性 23,480人
女性 25,606人
合計 49,086人

ちなみに、お隣の福山市の人口は2018年4月時点で462,535人です。浅口市が33,448人、矢掛町は13,710人で、井原市が39,969人です。

福山市は広島県内で広島市についで2番目に人口が多い市なので、比べると笠岡市の人口は少ないのですが、福山市を除く近隣の市や町の中では一番人口が多い市です。

笠岡市の気候

笠岡市は1年を通じて気候は穏やかで過ごしやすいことが特徴です。これはデータにも表れています。

平成29年度の気温データです。

最高が36.8度(8月6日)、最低が-3.3度(1月25日)です。1年の平均気温が15.6度であり、特に冬の最低気温がさほど低くなく、夏も7月8月は流石に暑いですが、その他の月は4月から11月まで10度から22度を推移しています。

気候は温暖で、降水量も多くないので1年を通じて比較的過ごしやすい市だといえます。

笠岡市から大都市へのアクセスが良い

福山市、倉敷市に挟まれているところに位置している笠岡市。その位置関係から、福山市、倉敷市へは比較的短時間で移動することができます。

近隣の大きな都市まで1時間以内で移動可能

笠岡市駅前から福山市駅前まで車で30分ほどで到着します。
倉敷市駅前までは高速道路を使うと40分ほどです。

笠岡市内にはないお店や施設を楽しむには、福山市や倉敷市へ行くのが手っ取り早いので、笠岡市民は福山、倉敷に出かけることが日常になっています。

ということは、福山、倉敷にあっても笠岡にないというお店や施設が多いということで、それはそれで寂しい気持ちになります。もう少しお店や施設ができてくれればいいのですが。

岡山駅前は電車で45分ほどです。福山、倉敷にないお店や施設は岡山駅前までいけば大丈夫です。

このように、広島方面、岡山方面へのアクセスがよい位置に笠岡市があるというのはメリットです。

福山、倉敷、岡山への通勤圏内にあるので、笠岡って意外と立地的には条件がいいんですよ。その反面、仕事で福山、倉敷、岡山へ出ちゃうので、笠岡自体の経済圏としての発展に課題を残してしまっているという状況があります。

海もあるし山もある笠岡

瀬戸内海に面しているので海がすぐそこ。大小の笠岡諸島もあるので、海は身近な存在です。

山もあります。ハイキングコースではないのですが、市内を一望できる古城山公園があります。桜の名所です。

とにかく自然はいっぱいあるので、ちょっとのんびりしたいというときには笠岡市に立ち寄ってほしいなあと思います。

※宝島社の「田舎暮らしの本」2018年2月号の中に記事「2018年版住みたい田舎ベストランキング」で,人口10万人未満の自治体565の中、なんと笠岡市が総合部門で中国・四国エリア第1位、そして全国で12位を獲得しました。

ぜひ、笠岡においでください。

BINGOテクテク 編集長 ニシヤマ@BinGoTkTk(@2480_G)

関連リンク
田舎暮らしの本(宝島社)

BINGOテクテクの管理人
ニシヤマ@BinGoTkTk

備後都市圏ローカルWEBマガジン「BINGOテクテク」管理人
1965年生まれ。岡山県笠岡市在住。フリーランス歴22年です。

ニシヤマ@BinGoTkTkをフォローする